--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
09/06

合格・内定体験記(平成20年度入省)

メッセージ

「合格体験記」

北海道大学工学部 K.Mさん

■ 経歴
平成14年工学部社会工学系入学
平成18年工学部建築都市学科卒業
平成18年大学院工学研究科入学
平成20年大学院工学研究科修了予定

■試験区分/内定官庁
理工Ⅰ(建築)/国土交通省

■志望動機
国民の生活を考える一方で国の将来を見据え、その方向性を決定する。ミクロからマクロまでスケールを横断し大局観を持って行う国家公務員の仕事に魅かれた。また常に実践に移すことを念頭に研究を進めてきたのだが、これまで研究してきた事を活かし、人のためになる仕事に就きたいと思ったため。

■使用したテキスト
<教養>
(1)畑中敦子シリーズ(数的推理・判断推理) LEC
(2)スーパー過去問ゼミ2(文章理解、資料解釈) 実務教育出版
(3)速攻の時事(実践トレーニング編も) 実務教育出版
<専門>
(4)工学の基礎 実務教育出版
(5) イラストでわかる一級建築士用語集
<全般>
(8)公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 洋泉社
(9)模試(LEC)
(10)過去問
(11)先輩からいただいた過去の模試、訪問カードのコピー等


■内々定までの経緯
◯12月
中旬から勉強を開始。既に公務員試験に受かり内定をもらっていた先輩が研究室にいたので、参考書をいただき、勉強方法についてもアドバイスをいただく。まず始めたのは以下の二つ

1、数的処理:公務員試験特有の問題であり、早めから取り組んで慣れる事が必要。数的推理と判断推理をそれぞれ2テーマ、文章理解と資料解釈は2題ずつを目安に毎日問題を解く
2、工学の基礎:専門科目の中でも配点比率が高いので早めにやっておいて損は無いと先輩から聞き、毎日2テーマを目安に解く
1日の勉強時間:4~5時間

◯1月
12月と同じように数的処理と工学の基礎を勉強。模擬試験を2回受ける。畑中シリーズを一通り終え、二周目に突入。
1日の勉強時間は3~4時間。

◯2月
専門の勉強を始める、先輩からいただいた過去の模試を解き、見直しを繰り返す。一級建築士用語集をこまめに引いき、模試に出て来た内容を書き込むと同時に用語を覚える。
模試を2回受ける。
1日の勉強時間3~4時間

◯3月
2月までで畑中+模試で教養について、おおまかな概要を理解。とはいえ、合格点にはほど遠く、Ⅰ種の問題にはまったく歯がたたないのだが、この時点で苦手な部分+得意な部分が見えてくるので苦手な部分を集中的に強化。解けなかった問題については、日を置いて再度取り組み、それでもダメな時には、頻出問題かどうかを見極めたのち、必要なら解答を覚える。出そうに無かったら捨てる。模試を1回受ける。
1日の勉強時間:4~5時間

◯4月
これまで受けた模試の解き直し+専門科目、工学の基礎の強化、速攻の時事を使い、時事の対策を始める。工学の基礎で、いつも間違えるが、出題率が高い分野の問題を何度も繰り返し解く。この頃から研究室の活動が増えてくる。
1日の勉強時間:2~3時間
「4月29日:国家公務員Ⅰ種一次試験(教養、専門)」

◯5月
「5月11日:国家公務員Ⅰ種一次試験合格発表」
1次試験の合格発表の後、2次試験の勉強(製図)を開始。一次試験を通過した事を、先輩に伝えると、「まず、一次通過おめでとう、ただ2次試験後の官庁訪問は厳しく、甘い考え方では落ちる。情報を集めたり、勉強会に参加したり今から行動しろ」という言葉をいただく。この言葉のおかげで気合いが入り二次試験まで集中して勉強。北公会にも参加するようになる。
面接に向けての自己分析、想定問答集を作り、頭の整理をする。小論文については、キャリアセンターの武藤さんにお願いして、何度か添削をしていただく。キャリアセンター主催の国家公務員対策会にも参加、小論文対策では、これさえ押さえていれば平均以上の点数を取れるというポイントを教えてもらう。官庁訪問対策には研究の関係で参加できなかったが、後日ビデオを見せていただき、面接官がどのような意図を持って質問をしてくるのかを知ることができた。

1日の勉強時間:6~7時間
「5月20日:国家公務員Ⅰ種二次試験(適性検査、小論文、専門)」
「5月25日:人事院面接」

◯6月
北公会のディスカッションなどに参加。研究室以外の人達とテーブルを一緒に議論するのは初めてだったが、自分とはまったく違った視点からの意見を聞くことができ、考えの枠組みを広げる事が出来た。また、今まで公務員を目指す友人が周囲に居なかったので、同じ目標を持つ人々に会えた事が大きかった。
人事院面接で聞かれた事も加え、面接問答集(50問)を作成

「6月19日:国家公務員一種二次試験合格発表」
すぐに飛行機を取り、先生、先輩への報告、訪問へ向けた情報収集、書類の確認等をして夜の便で東京に行く。夜に面接カードを書き(面接カードは、合格発表前に書いておいた方が良いと思います)次の日から官庁訪問。
官庁訪問:国土交通省、文部科学省、農林水産省を訪問

◯7月
7月5日に国土交通省から電話があり、内々定をいただく。


■合格のコツ

◯戦略を立てて勉強する。

私は、先輩に教えていただき、12月から科目を絞って勉強に取り組みました(人文社会に関しては特に対策をせず、そのぶん数的処理や専門に時間をかける。テストの時も同じ)が、他の区分であったら、同じやり方では落ちていたと思っています。まずは情報収集をしたうえで、受験区分、希望省庁、自分の学力、試験までの予定等を考慮した上で、合格に向けて、各々にあった戦略を立てることが重要だと思います。勉強を進めて行く上で、思うように進まない事があるでしょうが、そのようなときには状況に会わせて戦略の見直しも必要です。

◯不安になったら勉強する。危機感を常に持つ。

公務員試験は長期戦なので、続けて行く事が大変です。一般企業の就職活動は公務員に比べて早いので、勉強をしている間に周囲の人たちは内定が決まって行きます。そうすると焦り、不安になりますが、不安になった時こそ勉強しました。危機感を感じた時が一番伸びるチャンスだと思いますし、勉強する事で不安が和らぎます。また、悩んだ時は、もう一度自分の志望動機を見直す機会にもなります。なぜ公務員を目指すのか?何度も繰り返し考える事で志望動機がクリアになり、面接のときにも活かせます。

◯先輩やOBを味方にして情報を得る

私が合格できたのは、勉強の方法から始まり、試験が進んで行く時々で相談にのり、アドバイスをくれる先輩がいたお陰だとおもっています。このように既に試験に合格している先輩や、仕事をしているOB(私の場合は最初、居なかったのですが、公務員を目指す友人も)を見つける事が合格に近づく手だてだと考えます。北大生は東京の学生よりも圧倒的に持っている情報が少ないと言う話も先輩から聞きました。北公会やキャリアセンターを利用して情報を集める事も重要だと思いました。
◯学生生活を振り返って自信を持って語れる話を作る。
2次試験、官庁訪問でおこなわれる面接ですが、事前に面接カードや訪問カードを書きます。そこでは、学生時代に力を入れて取り組んだ事、特技、趣味等々について書き、面接ではカードを元に、さらに掘り下げて、その時にどういう役割をしたか?などの質問がされます。カードに書く内容は、書く段階になってどうにかしようとしても、そう簡単にはいきません。部活、バイト、ゼミ、ボランティア活動、趣味等、何でも良いので、学生時代を振り返った時に印象に残る体験。自信を持って語れる体験をしておくのが重要だと思いました。
スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://hokukoukai.blog85.fc2.com/tb.php/372-99fa7824

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

しらべる北公会

北公会とは?

hokukoukai

Author:hokukoukai
北海道大学から国家I種公務員を目指す学生の支援組織
政策討論、模擬面接、業務説明会等を行っています。興味のある方は、メーリングリストに登録すれば活動情報が配信されます。

北公会連絡の登録はこちら
北公会連絡登録
メールアドレス【必須】
お名前【必須】
学部
学年
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer

バックナンバーはコチラです。

※登録完了後数分以内に確認メールが送られます。しばらく待っても確認メールが届かない場合は、メールアドレスを間違えたか、受信拒否の設定(特に携帯電話)がされていることが考えられます。
(1)メールアドレスを間違えた場合→正しいメールアドレスで再度登録してください。
(2)携帯電話で迷惑メール対策等をしている場合→「npocan.jp」からのメールを受信できるように設定をしてください。

facebook

イベントスケジュール
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

モバイル北公会はこちら
QRコード

北公会へのお問い合わせ

お名前:
あなたの連絡先(メール):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。